カテゴリ:音楽( 4 )
ルキンフォー - スピッツ ルネッサンス
スピッツの新曲「ルキンフォー」GETしました♪

この曲スゴくいいです、オススメです。皆さん聴いて下さい。

布教か! いやとにかくいいんです。

特にあれだね、往年のスピッツファンは興奮するんではないかと思いますね。


今回のシングル「ルキンフォー」は前回の「魔法のコトバ」に引き続き、

いろんな意味でスピッツらしさがにじみ出てるよ。ってかもう溢れてるよ。



まずA面 ルキンフォー

歌詞が素晴らしい、グッときます


「ルキンフォーどこまでも つづくデコボコの 道をずっと歩いていこう」

いいね、すごく。とても優しい歌詞です。

曲調がちょっと優しすぎて、受験前とかに聴くとちょっと気分が下がりすぎて

危なそうなんですが(笑)

落ち着きたい時に聴いたり、まったりしてる時に聴いたりしたら、心まで優しくなれそうです(笑


曲としては、ホントにスピッツらしいなと思いました。

なんか昔のスピッツに戻った感じ。それもみんながよく知ってるスピッツ。

どのあたりが昔に似てるか上手く言えないんだけど、なんか懐かしさがあります。

魔法のコトバ の時もスピッツらしいなと思ったんですけど、

今回の方がその感覚が強いですね。

ちなみにサビの最後の「・・・・・・・ 心 君につなげたい ・・・・・・・・」のところがお気に入りです



それからB面 ラクガキ王国

スピッツといえば「チェリー」「空も飛べるはず」「ロビンソン」みたいな超有名なA面曲の

イメージばっかで、そんな曲が好きなプチスピッツファンの皆さんからすれば

なんじゃこれ?という曲かもしれませんが、

もう少しコアなスピッツファンの皆さんからすれば、

こっちの方がスピッツっぽさを感じるんではないでしょうかね?

実はスピッツは元々パンクやってて、結構ロックっぽい曲も出してるんですよ。

前回のシャララといい、今回のラクガキ王国といい、

デビュー~惑星のかけらあたりまでの雰囲気を感じる曲ですね。

B面の方もスゴく気に入りました♪



というわけで、A面は昔のスピッツのA面らしく、B面も昔のスピッツのB面らしく仕上がった

めっちゃいいシングルだと思います。

僕はスターゲイザーの辺りからちょっと ??? って感じだったんですが、

また昔のスピッツっぽくなってくれて嬉しいです。

スピッツは原点回帰始めたんでしょうかね?どう思います?


というわけで、今回はスピッツを語りつくしてしまいましたw

次のシングルが楽しみだなー♪



※追記

「ルキンフォー」の意味がわからない人が結構いるみたい。
僕は " Looking for " だと思いますよw 探し求める って感じかな?
[PR]
by seul_ciel | 2007-04-29 12:06 | 音楽
Today's Lunch 11 : 半熟卵の焼き鳥親子丼
こんばんは、土井善晴です(笑)

今日はね、焼き鳥丼を作りますよー。

タイトルはToday's "Lunch"だけど、コレは今日の晩に作ったものなんですよーw

だけど、細かいことは気にしないんですよー(笑)


それでは材料ですよー。

【材料】

鶏もも肉 150gぐらい
キャベツ 適量
にんじん 適量
卵     1つ
のり    あったら

【タレ】
醤油大2
みりん大1.5
砂糖大0.5


それでは、作りますよー。

① キャベツ・にんじんを太千切りにしてゆでてください。
② タレを作って、一口大に切った鶏もも肉をちょっとつけといてください。
③ フライパン2つ用意して、片方で目玉焼き作りますよー(半熟にする)。
④ もう片方は、サラダ油入れて鶏肉を焼きますよ。しっかりおいしくやいてくださいね。
⑤ どんぶりにご飯→野菜→半熟目玉焼き の順番に入れてください。
⑥ その上に、焼き鳥を載せますよー。
⑦ 鶏焼いたフライパンに残ったタレを入れて、1度火を通してから、どんぶりにかけてください。
⑧ 仕上げに、のりをちぎってまぶして、完成!

☆完成☆

a0081774_19474890.jpg

どうですかー?今日もおいしそうに出来てますね。

七味をかけると、また風味もよくなって一段とおいしいと思いますよー。

食べるときは、半熟の黄身を崩して絡めながら食べてくださいねー。

a0081774_19493049.jpg
どうですかー?この半熟卵がたまりませんね。

これに焼いた長ネギをプラスすると、さらにおいしいですよ。

皆さんも作ってみてくださいね。

それでは、また。土井善晴でした(笑)


※お知らせ(予告)

明日は「水青画廊 第一回『冬』展」をお送り致します。

是非見てくださいね。
[PR]
by seul_ciel | 2006-11-25 19:54 | 音楽
音楽の力
相変わらずテスト勉強に苦しんでおります。

それで、ちょっと息抜きに投稿♪

だいたい勉強は90~120分周期でやってましてね、その間にちょいちょい休憩するわけです。

で、その短い休憩時間に何をするか。

・ 水曜どうでしょうを見る
・ お笑いの動画を見る
・ 音楽を聴く
・ ネットサーフィンする
・ ブログ書く

まあだいたいこんなもんですね。

どうでしょう見ちゃうと20分ほど勉強停滞してしまいますが(笑)

それでね、今日はその休憩時間に聞いたりする音楽について話をしたいわけです。


勉強の合間に、「よし、音楽聴こう!」ってMusicフォルダあけて、

クリックする曲ってのがだいたい同じなんですよね。

なんでしょう、勉強の合間に聴きたくなる音楽っていうか、

要するにまあ、疲れたり、気が滅入ったり、苦しいときに聴きたくなる音楽ってことです。

・ 川 (In the Soup)
・ Top of the world (少年ナイフ : Carpentersのカバー)

最近、気づいたらこの曲ですね。

リラックスしてるときにこの曲ばっか聞いたりする訳じゃないんですが、

なんか勉強の合間には聴いてます。


Top of the world って曲は知ってますかねー?

Carpentersの曲で、少年ナイフがカバーしたヤツなんですが、

学校へ行こうとか、CMとかでよく使われてます。

I'm on the top of the world lookin' down on creation

And the only explanation I can find ~♪

ってサビのあたりは、聴いたら「ああ、あの曲か」と皆さん頭に浮かぶと思います。

で、原曲は結構しっとりした曲なんですが、

少年ナイフのカバーの方は、非常に軽快に歌い上げています。

その軽快さが、疲れた頭をリフレッシュさせてくれて、元気づけてくれるんですよねー。


そして、In the Soup の 川

どうでしょう藩士の皆様方はもうご存じのことでしょう。

この曲はどうでしょうドラマ、四国R-14のエンディングテーマでぇございます。

もう何がいいってね、歌詞がいい、深い。そして魂のこもったボーカルがまたいい。


どこまでも歩いていこう

何度でもやり直そう

立ち止まり振り向いても

ここから歩き出すんだ

川の流を胸に!!


このあたりなんか、聴いていて涙が出そうです(笑)

でもほんと、苦しいときに、こういう力強い言葉のメッセージは

心に響くんですよね。心強い歌です。


皆さんにも、そういう歌がありませんか?

私はこの歌だ!ってのがある人は、コメントに書いてくれると嬉しいな。

それではそれでは、歌からパワーをもらったところで、勉強再開します。
[PR]
by seul_ciel | 2006-10-14 22:41 | 音楽
YUKIさんおめでとう
えー、調子に乗って本日2回目の投稿であります。
一応今週中に各カテゴリーにひとつは記事がある状態にしておこうと張り切っております。

さて音楽といえば、僕が愛してやまないアーティストが数人あるいはグループございます。
その中で記念すべき音楽カテゴリへの初投稿では、YUKIさんをとりあげようと思います。

僕とYUKIさんとの出会いは去年の4月頃でしたか・・・
auのCMで聞いた「長い夢」に僕は一目(耳?)惚れ致しました。
この「長い夢」、最初は誰が歌っているのか知りませんでしたが、
そのパワフルかつハリのある歌声に僕は魅了されたのです。
歌だけを聞いてここまで惚れ込んだアーティストは初めてでして、
その後僕はどっぷりYUKIワールドへとつかっていくのであります。

さてさてそんなわけで「長い夢」がたいそう気に入った僕でありますが、
1ヶ月ほど後(うろ覚え)、ショッキングなニュースを耳にしました。

YUKIさんの幼いお子さんが亡くなられていたのです。
しかも、「長い夢」のレコ前に。

これには本当に衝撃を受けました。
歌詞の奥に隠された意味が脳裏に浮かび上がってくるのです。
それと同時に涙がこみ上げてきました。

いい歌だいい歌だと浮かれていたあの頃の自分が急に恥ずかしくも思えてきました。

なぜあの歌を、あんなに元気に歌うことが出来るのか・・・
本当にYUKIさんは偉大な人です。


それ以来、僕はYUKIさんの大ファンとなりました。


YUKIさん、このたびは本当におめでとうございます。
きっと元気な赤ちゃんが生まれますよ。

長々となってしまいました。
僕の拙い文で気持ちが伝わったかどうかわかりませんが、
とにかく第1回目、YUKIさんでした。もう一度、おめでとう。
[PR]
by seul_ciel | 2006-07-02 03:06 | 音楽