カテゴリ:写真( 13 )
ねこふんずけちゃったら飛んでいく恐怖の歌を知らずに歌う子供達の笑顔
買い物へ行こうと階段を駆け下り、マンションを出ようとするところで僕の足が止まった。

マンションの入り口のところで、ネコが気持ちよさそうに寝てたんですねw

僕はさっき降りた階段を急いで駆け上がり、買ったばかりのKissデジをぶら下げて

また降りていった。ネコはまだそこにいてくれていた。


僕がかねてから撮りたかったものに、ネコがあった。

僕はネコが好きだ。だけれども、熱狂的というほどではない。イヌも同じぐらい好きだ。

ネコとイヌどっちが好き?という質問にはたいてい窮する。

51:49でネコの方が好きな気がするが、長いものには巻かれることもある。

世の中を生きて行くには時には高度な政治的判断が要されるわけだ。


まあまとめるとね、写真家の街角スナップとかでよく出てきたりするからね、

僕もあんな風にネコ撮ってみたい!と思ったわけですよ。ただそれだけ。


しかし願望かなって非常にイイ写真が撮れましたよ。ネコ好きにはたまらんでしょう。
a0081774_2004317.jpg

もう一枚はセピアにしてみました。

これもただセピア色にしただけじゃなくて、

コントラスト等をビシッと調整してメリハリあるセピアに仕上げております。

やっぱりセピアとかにすると多少のっぺりするからねぇ。
a0081774_2041152.jpg

僕はこのセピアの方がお気に入りですね。

今までで一番イイかも。写真にして飾っときたいぐらいです(笑

しかし一眼レフだと毛の一本一本までの表現が素晴らしいですな。


ということで、今日はネコさんの寝顔でお楽しみいただきました。
[PR]
by seul_ciel | 2007-06-26 20:31 | 写真
第二回「冬」展 : 透き通る青空の道標
えー、そろそろブログの方も本格的に再開と言うことでね、

ここでひとつ、第二回「冬」展を開催しようかと。


「もう3月じゃねぇか、春だぞ!」


と言うツッコミが聞こえてきそうですが、写真自体は冬撮ったものです(1/14)

しかーし、センター直前、写真展を開いている場合ではなかったのです(笑

ということで、今回、満を持して登場!!(笑)


さて、今回は『透き通る青空の道標』と題しましてね、

冬の透き通る青空と、普段あまり注目しない存在である標識

焦点を当ててみましたよ。

折しもセンター直前、人生の岐路に立っている自分に対し、

何かを暗示するかのごとく見えた標識達。

何もかも忘れさせてくれそうな、清く透き通った青空。

現実と空想の交錯。

そういった物を感じながら、撮った写真です。


今回も、画像が7枚と多いので、moreを使っております。

写真をご覧になるには、下の「画廊へ進む」からお進みください。


a0081774_20223917.jpg
今回の画像サムネイル

↓写真を見るにはこちらをクリックしてください

画廊へ進む
[PR]
by seul_ciel | 2007-03-02 20:41 | 写真
第一回「冬」展 : モノクロームの世界
今回は、水青画廊 第一回「冬」展ということでござまして、

『モノクロームの世界』と題しましてお送りしたいと思います。

やはり冬の重々しい感じを伝えるには、モノクロが一番ではないかと思ったわけです。

今回は撮影日がくもりであったことも幸いして、

非常に重厚感のある写真に仕上がったと思っております。

さらに今回は、一つ一つ名前を付けて、順番も考慮しております。

写真を見て、感じて、そこにストーリーを見出していただきたい。

そんな風に思っております。


えー、写真が7枚と大変重たくなっておりますんで、moreを使わせていただきました。

写真をごらんになるには、下の「画廊へ進む」からお進みください。

a0081774_13271879.jpg
今回の画像のサムネイル

↓写真を見るにはこちらをクリックしてください。

画廊へ進む
[PR]
by seul_ciel | 2006-11-26 12:58 | 写真
遠眼鏡の世界
それでは、予告通り今日は一風変わった不思議な写真を紹介。

a0081774_20504239.jpg
a0081774_20511188.jpg
a0081774_20523150.jpg


凄まじい色収差、強いディストーション、周辺に向かって流れていくようなボケ、

これらの写真、どうやって撮ったかわかりますか?

まあ、タイトルから想像がつくと思いますが、これは双眼鏡を通して撮った写真なんです。

それも、ダイソーの100円双眼鏡(笑)

ま、いわゆるテレコンをつけた状態な訳です。

レンズ先に双眼鏡を密着させて、テレ端にして双眼鏡がなるべく写り込まないようにします。

だいたい銀塩換算156mm相当の画角ですかね。

当然ダイソー品ですから、レンズはプラスチック。

これが周辺に向かって流れていくようなボケの要因となっております。

それから、色収差。そんなの考慮している訳がないw

でも双眼鏡のボディーが透明なんで、いい具合に周辺光量落ちしております。

それで、撮れた写真がこんな感じってわけですよ。

どうですか?ちょっとHOLGA(※)チックな写真じゃないですか?

ま、工夫次第でたった100円でこんな面白い写真が撮れるってことでございます。

面白いなって思った人、是非試してみてくださいね。では。

※HOLGA :
   有名な中国産トイカメラ。そのダメっぷりと写りに魅了される人多数。
   ブローニーフィルム(35mmじゃないヤツ)使ってるんで、僕はどうも手がでない。
[PR]
by seul_ciel | 2006-10-29 21:10 | 写真
秋の日
今日は久しぶりの休みってことで、写真を撮りにいってきました。

いつも写真撮りにいくときは、機動性を重視して自転車で行くんですが、

今日はこの前買ったスニーカーを慣らすこともかねて、歩きで行ってきました。

やっぱり歩きでいくと、見える世界が違いますね。

なんかこう、風景が訴えてくるわけです。いつにもまして。

てことで、写真を撮るには歩く方があってますね。

それでは写真を

a0081774_1894461.jpg
F4.0 1/160s 87mm ISO100 Monochrome

4枚の中で、一番好きな画かも。

海辺の物寂しさ、そこへ打ち寄せる波の力強さがモノクロで克明に表現されています。

なんか、モノクロっていいですよね。

ノスタルジックで、どこか切なくて、静かで、それでいて力強くもあって・・・

モノクロは、ホントに奥が深い。


a0081774_18125594.jpg
F5.6 1/320s 39mm ISO100

いつもは邪魔者の電線を主体にしてみました。

空をバックにしたこういう構図では、やっぱり電線は映えますね。

直線が生み出す遠近感もたまりません。


a0081774_1814789.jpg
F3.5 1/60s 58mm ISO100 PointColor

この写真は、少し趣向を凝らして、ポイントカラーでとってみました。

タンポポ、こんな工場の片隅でも生きてるんだぞ!そういうメッセージを伝えたくて、

こんな感じにしてみました。ちょっとアーティスティック。


a0081774_18163940.jpg
F5.0 1/250s 125mm ISO100

これはいつものように鉄塔撮ったものなんですが、

後でパソコンで見てみると、すすきのシルエットが結構きれいに写ってたもんで、

秋らしい画だなぁと思ったんで、載せてみました。


いかがでしょうか?

明日はちょっと変わった写真をUPしようかなと思ってます。それでは。
[PR]
by seul_ciel | 2006-10-28 18:33 | 写真
秋晴れの日々
今日もいい天気ですね。

ちょっと用事があって出かけてたんですが、車の中から鱗雲が見えました。

それでは昨日撮った写真の残りをご紹介。

a0081774_17175245.jpg
F7.1 1/500s 70mm ISO100

これは海岸沿いの工場壁にあったアンテナなんですが、
なんかこの角度から見ると妙に誇らしげというか、
オレ仕事してるぜ!って感じがでてたんで(笑)思わず撮ってしまいました。

エレメントがまた青空に映える。

彼には表情がありますね(笑)

ま、たまにはこんなシンプルな構図もいいんじゃないかな?と思いました。


a0081774_1719574.jpg
F5.8 1/640s 152mm Macro ISO100

こちらテレ端マクロでとった、市街の裏通りの写真です。

テレ端マクロですんで、こんかぎりボケています、背景。

ボケは好きなんですけど、ちょっとボケが強すぎかな~?って感じが否めませんが、

まあコンパクトにしては上出来です。すずむし合格。(笑)

なんかこう、日常の喧噪を忘れさせてくれる緑 みたいな感じを出したかった。


a0081774_17201973.jpg
F5.6 1/250s 39mm ISO100

これは我が市の湾の俯瞰?写真でございます。

いっつも写真撮りにいくのより、ちょっと先までいってみると、

湾をちょっと見下ろすことができるような高台みたいなものを偶然発見できたんですね。

これ幸いと、写真を撮らせていただきました。

澄んだ空の色がたまりません。

それから山の緑に赤。色合い的に非常に美しい写真が撮れたなと、満足しております。


これから紅葉の季節ですから、ますます写真が楽しみになりますね。

休みの日はどんどん撮りにいきたいなと思ってます。では、またお楽しみに。
[PR]
by seul_ciel | 2006-10-09 17:39 | 写真
風情ある裏道の光景
今日も写真を撮りにいってきました。

やっぱり風が強かったけど、空がホントにきれいだったんで、撮影意欲もわいてきます。

が、なんと512MBのじゃなくて、16MBのSDを入れていってしまいました。

これじゃあんま撮れねぇ・・・

家に引き返そうと思ったんですが、昨日あんだけ乱写したから、

今日は1枚1枚丁寧に撮っていこうかな?と思っていたんで、

あえて512MBを取りに帰らずに、16MBで挑みました。

そしたら、結果、今日はいい写真が結構撮れましたね。枚数比でいったら。

闇雲に撮るんじゃなくて、こういう撮り方が大事なんだよなと改めて実感。

それでは、写真をご覧ください。

a0081774_1812830.jpg
F5.6 1/400s 39mm ISO100


抜群に発色がよかった1枚です。おかげでファイルサイズも群を抜いておりました(笑)

だから縮小したんで、ちょっと劣化があるかも?

まあでも、空がきれいな青色に写ってて大満足です。

a0081774_1831393.jpg
F3.5 1/500s 56mm ISO100


これはー、どっかの門です。寂れた感じがいいなーと思って撮りました。


a0081774_185305.jpg
F6.3 1/640s 49mm ISO100 Ev-0.7


この場所は、明るいところと暗いところが分かれているんで、難しかったですねー。

煉瓦壁がちょっと暗いんで、引きずられて空が白飛びしてたんで、

Ev-0.7に設定。まあよく撮れたんではないかな?と思ってます。


まだ写真があるんで、明日紹介しますねー。それでは。
[PR]
by seul_ciel | 2006-10-08 18:12 | 写真
秋桜咲き誇る
いやー、毎日涼しくなって、だいぶ秋らしさがましてきましたね。

今の時期、ちょうどコスモスがきれいな頃です。

コスモスを漢字にすると「秋桜」、舞こそはしませんが、色鮮やかな花が目を楽しませてくれます。

僕は、桜が大好きなんですが、秋桜も桜の文字が入ってるからか、結構すきです。

それで、今日張り切って撮りにいってきましたが、風が強くて大変でしたよ。

特にマクロ撮影してるとぶれやすいんで、花が揺れると困るわけです。

しかも、今日の風は揺れるとかいうレベルじゃなかったですね。

もう、コスモスたちが波打っておりました(笑)

だから、ピントをなんとかあわせて、連写して、風でぶれてない画をとったわけです。

連写ってのは、あんまりすきじゃないんですけどね。

ほら、なんか1枚1枚に気持ちが入ってないというか、

自分の意図ではなくて、偶然性が反映されたりとか。いろいろあるから。

でも、今日のような日は致し方ありません。

てことで、200枚ほど撮った中で、まあ納得できたヤツ。

a0081774_21561982.jpg
F5.8 1/250s 153mm Macro ISO100


ちょっと背景ボケすぎなんですが、F値の調節できんのでしょうがない。

背景には舗装されてない道があったんで、田舎道に咲くコスモスをイメージ(ホントは川縁)


それからそれから、小学校の裏山にある神社(菅原道真公を祀ってある)へ合格祈願

をしにいったついでに、裏山に登って写真撮ってきました。

a0081774_2271941.jpg
F2.8 1/25s 39mm ISO100


サイズが大きすぎたんで縮小かけましたから、ちょっとディテールが失われているかも。

でもまあ、きれいな緑色の空間でございます。

緑のトンネルとでも名付けましょうか?

ここにいると、結構落ち着くんですよね。やっぱり緑は安らぎの効果があるね。

あと、空気もイイと思う。もともと田舎だから空気が悪いわけではないんですが。(笑)

とにかく、まあいいところですよ。

それと、1/25sでよくぶれんかったなと感心(笑)

ま、がっちりホールドすればこれくらい大丈夫ってことですね。


てなわけで、今日の写真の成果でございました。明日もまたいくかも?
[PR]
by seul_ciel | 2006-10-07 22:12 | 写真
音楽描写 : ドラマチックになるの
音楽描写と銘打ちまして、音楽で感じたままを写真に表していきますよ。
WAVE発売記念ということで、まず最初はその中でも好きな曲、ドラマチックをPick Up します。

a0081774_2248461.gifこわれた大切なものと
いつか又あえる日が来るかしら

残した傷跡が消えない
それぞれの場所まで
もう行かなくちゃ

このgifアニメは、このあたりを意識して作りました。

YUKIちゃんの公式サイトの 「WAVE」セルフライナーノーツに書いてあるように、

"男の子と女の子が歩道橋の上にいるイメージ。" ってな歌らしいんですね。

これを見ていたから、さあ撮るぞって時には、もう歩道橋しかないなと。

それで、作ってみました。

ホントはポプラ並木が欲しかったんだけどなー、地元にはありません。

そういえば、修学旅行でも行った北大にはポプラ並木があったな。

水曜どうでしょうも北海道、YUKIちゃんも北海道。
何かと北海道に縁があるんだろうかと思うこの頃。(笑)

まあそれはおいといて、

このgifアニメ、1枚1枚コントラストや明度を変えて、心情を細かく描写しようとがんばったんですよ。

最後だけだんだんカラーにしていくとか。

ドラマチック聞きながら、いろいろと想像をふくらませてくれるとうれしいな。

それから、気に入ったら自由に持ってかえってくださいね。
ただし、もって帰るときはコメントに感想とか入れてくださいね。タダ取り禁止(笑)

あと、写真が2枚ありますよー。


a0081774_2256469.jpg

これは、"四つ葉のクローバー 探しながら君の顔 ちらり盗み見ては目をそらす"
のあたりを主に、ドラマチックの明るい部分、出会いをイメージしました。

明るめの発色が、青春のさわやかさと恋のドキドキ感を伝えてくれるとおもいます。
ポジフィルムカラーって言う設定で撮ってみました。


a0081774_2257859.jpg

こちらは、"それぞれの場所まで もう行かなっくちゃ"
のあたりを主に、ドラマチックの暗い部分、別れをイメージしました。

この場所、個人的にかなり好きな撮影ポイントなんですよねー。

階段の鉄骨、その上にある線路の橋梁、その隣の国道の橋梁、
この無骨な直線が織りなす画が、ホント大好きなんです。

で、この先には写ってないけど駅があって、別れを表すにはちょうどよいかなと。


どうでしょう?この写真達から何か感じ取っていただけたでしょうか?
できれば、ドラマチック聞きながら見て欲しいですね。

しかし、この企画?はまってしまいそうです。いつも以上に楽しく写真が撮れました。

またやりたいと思いますんで、お楽しみに。

曲のリクエストも受けるかも?(笑)

それでは、また。


Freewheelin' (トラバ先)
ドラマチックをはじめ、WAVE全曲の解説をしていらっしゃるブログ。どうやら北海道の方。
道民さんはみんなどうでしょうを知っているのか?気になる(笑)
僕も感想は全曲書きたい!!そのうち。
[PR]
by seul_ciel | 2006-09-18 23:28 | 写真
感性を鍛える
a0081774_14483126.jpg
a0081774_14484485.jpg
a0081774_14485681.jpg


上の3枚の写真は、すべて同じものが写ってますね。(画像が汚いのは勘弁)
しかし、3枚すべての写真から、同じものを感じ取るという人はいないと思います。

ある芸術から何を読みとるか、それはその人の感性によるものです。
ある芸術にどんな生命を吹き込むか、それもその人の感性によるでしょう。

僕が写真を始めたのは、高3になってから(今年)、
それ以前、芸術に対してはそれほど興味はなかったですね。

でも、写真を初めて、道行く時の何気ない風景からも何かを感じ取ろうと努力してみたり、
普段なんでもなかったものが、面白い被写体に見えてきたり、
とにかく、感性が豊かになったなと自分でも実感してます。
それと同時に、なんか日々の精神生活も豊かになりましたね。

だから、僕は感性を大切にしたい。


先日、あるブログを見たんですよ。
そこには、僕の好きなYUKIさん(JAM時代)の歌と、数枚の写真。

なんかそれが、無性に歌にマッチしてね、すごく感銘を受けましたよ。

それと同時に、「思いを写した写真撮りたい」って気持ちがわいてきましたね。

写真を撮った方は歌からインスピレーションを受けたのかどうかは定かではありませんが、

自分も、「歌われている思いを写したいな」と思ったわけです。

他人の、しかもトップアーティストの感性に触れ、
そこから得られたものを自分の感性をもって表現する。

これはね、ものすごく自分の感性を磨いてくれると思うんですよ。

だから、ありきたりでも、何でもいいから、
歌からインスピレーションを得たものをそのまま、撮っていきたいなと思います。

では早速、写真撮りに行ってきますね。
[PR]
by seul_ciel | 2006-09-18 15:20 | 写真