バファリンの半分は優しさで、僕の半分はWikipediaで出来ています。
今日は分子化学のテストがありました。

正直、難しい。というか習ったこと基本関係ない・・・w

まあ「出席してなかった人を落とす」為の試験やと思って下さい

きちんと出席してる人はちゃんと単位あげますと先生はのたまってましたがw

しかしいつもWikipediaぐるぐるしてるのが奏功して、割と出来ました。

こういうテストもイイかも(出席しているからこそ言える言葉w)


思えば高校時代からのこういった一見ムダな知識の積み重ねは、

大学に入ってから大いに役立っております。

2限は電子物理系の教授が話する少人数座学だったんですが、

携帯電話の周波数聞かれた時にビシッと答える事が出来ました。

今まででコレ答えることが出来たのは僕が初めてだった様です。

日本の電源60Hz/50Hzの分界や、米国の商業電圧等も悉く答えておきましたw

そしたら授業終わったときに話しかけてもらえて随分お褒め頂きました。

一応興味がある研究室の一つだったんで、教授に印象与えられて良かったです♪


ソーラーボートプロジェクトにしても、やはりそういった知識は貴重です。

プログラミングも普通に理系の道を歩んでいくだけでは触れないものだし、

電子工作、ハードウエアの知識、通信関係の知識、etc

やはりそういった知識に支えられていると感じますね。

知識によって自分の視野・活動範囲を広げることは大切だと思います。


   * * *


そういえばさっき久しぶりにテレビの映画見ました。

トータルフィアーズってヤツね。結構面白かったです。

国務長官役の人が、映画交渉人の犯人役だった人で、

妙にその役が頭に残ってて多少集中出来ませんでしたが(笑

しかし実際、アメリカかロシアが第三者から核攻撃を受けたら、

本当に核戦争になってしまうんじゃないでしょうかねぇ。

テロリストなんかが核を持つことが出来たら、それこそ映画の様なことに・・・

いや、恐ろしい。



さて、明日はOFFの日。レポート書いて、レポート書いて、プログラムしようと思います。

では、また。
[PR]
by seul_ciel | 2007-12-07 23:56 | 日記


<< 天保山には一応二等三角点があります 明日はいよいよ最後のテスト。気... >>