Today's Lunch 15 : ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ
☆今日はのだめカンタービレゆかりの料理を紹介☆

こんにちは。今日もやって参りました、Today's Lunchの時間です。

今日は土井善晴先生がお休みということなんで(笑)、どうぞ一つよろしくお願いします。

さ、今日の料理、「ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ」でございますよ。

昨日にもまして長いですね、名前。

まるでbeing系アーティストの曲名のよう(笑)

さ、それはさておき、この名前、ピーンと来る人もいるんじゃないでしょうか?

この料理が何かわかっちゃったそこのあなた!のだめファンだね☆

そうですこの料理、千秋がのだめちゃんを餌付けしてしまった(笑)

あの愛の呪文料理ですよ!奥さん!!


知らない方のために説明w

今流行ってますよね、のだめカンタービレ。

マンガでのだめカンタービレ、ドラマでのだめカンタービレ、

さらにアニメでものだめカンタービレ(来春)と、まさに破竹の勢いでありますのだめさん。

その中で出てくる料理なんですよ。

さすが水曜の青空。流行はのがしません、乗っていきます(笑)


さ、というわけでね、早速作っていこうと思いますが、

まずあの長ったらしい名前を解読しときましょうね

ミレリーゲ → 太いマカロニ
パンナ → クリームソース
ブロッコリ → ブロッコリー

その他の単語は冠詞と前置詞ね。

ってことで、「マカロニとブロッコリーのクリームソース」ってなわけですな。

しかしそれだけだと味気ないんで、ちょっと材料を足しましょう。

別にユーコンの大泉さんみたいにブロッコリーしか使っちゃいけない訳じゃないんですからね(笑)

料理をおいしく見せるために、彩りよくしていきましょう。

さ、それじゃあ材料の方を確認して参りましょう!

【材料】

・ミレリーゲ(なかったら太いパスタなら何でもいいかな) … 80~100g(食べるだけ)
・にんじん … 少量(薄切り三枚?)
・ブロッコリー … 小さい房7つぐらい
・ベーコン … 2枚ぐらい

ミレリーゲってのはこんな感じのかな?
a0081774_169536.jpg
パッケージがなくなってたんで、ホントかどうかわからんけど、まあミレリーゲでしょう(笑)


ソース(ベシャメルソース)
・バター … 5g
・小麦粉 … 大さじ0.5
・牛乳 … 50cc
・生クリーム … 100cc
・玉ねぎ … 小半分

※ソースについて
ベシャメルソースは結構作るのが面倒です。(生クリームとか保存きかないしね)
それに家で作るとどうしても味に深みが足りない感じがしますから、
市販されているベシャメルソース・ホワイトソースやクリームパスタソースなどを
買ってきて代用した方が時間も節約でき、味もまあ保証されています。
今回も市販品を使いましたが、一応作り方は載せておきますね。

ベシャメルソースの作り方
① みじん切りにしたタマネギをバターで炒め、色が付いてきたところで小麦粉を加える。
② しばし混ぜたら、暖めた牛乳を少しずつ加え混ぜる。(焦げないように必死に混ぜよう!)
③ 最後に生クリームを入れて、塩こしょうで味を調えて完成。



さあ、それでは作っていきましょう!

① ブロッコリー、にんじん(短冊切り)を塩ゆでしましょう。
② ミレリーゲをゆでます。12分ぐらいでしょうか?この間にソースの準備です。
③ 適当な大きさに切ったベーコンをフライパンで炒めます(あまり焦がさないように)
④ ベーコンの入ったフライパンに、買ってきたクリームソースor作ったソースを入れます。
⑤ そしたらゆでたブロッコリー、にんじんを入れて、弱火で少し混ぜましょう。
⑥ さあミレリーゲがゆで上がりました。フライパンに入れて、ソースを絡めます。
  塩こしょうで味を調えて、完成。

☆完成☆

☆★☆ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ☆★☆

a0081774_16164224.jpg
さあどうですか?にんじんを入れたことによって、すごく彩りがよくなってますね。

ブロッコリーの緑と、にんじんの赤が非常に鮮やかです。

アップもどうぞ。
a0081774_1617505.jpg
どうですか?今回もかなりおいしそうに出来ましたよ。

それに、ソースを買ってくれば意外と手間のかからない料理なんですよ、コレ。

さあさあ、全国ののだめちゃんよってらっしゃい!(笑)

それでは最後に皆さんで、


アンブレーラ!!   完全にハマってる・・・


それでは皆様、次回もお楽しみに。

それと、のだめカンタービレ読んでみてね♪おもしろいよ。

ではでは、またお会いしましょう。
[PR]
by seul_ciel | 2006-12-07 16:30 | 料理


<< パンジャ編感想他 : ムヒョと... Today's Lun... >>